<h1>旭シルク印刷株式会社|さまざな形状・素材への印刷はおまかせください</h1>
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • ホーム
  • 会社沿革
  • 会社概要
  • 設備のご紹介
  • 製品のご紹介
  • 採用情報
  • 環境方針
  • お問合せ
  • 旭シルクの強み
  • 業界トップクラスの短納期
  • 製品開発のお手伝い 超!短納期で作成します。 試作品・ダミーパッケージ
  • 充実の生産能力 企画・デザインから 成形・印刷まで
  • 製品と印刷の ヒント集
  • よくあるご質問
  • 製品事例
  • 携帯電話
  • 凸凹面・曲面
  • 特殊素材への印刷
  • ハードコート受託加工
  • インクジェット(オンデマンド)
  • レーザー受託加工
  • レーザー受託加工
  • 機能性インク
  • スクリーン印刷豆知識
  • スクリーン印刷とは
  • スクリーン印刷の作業
  • パッド印刷の作業
  • お問合せ
  • オリジナル、オーダーメイドのiphoneケース(カバー)のネットショップgrip-on
<h2>スクリーン印刷豆知識・スクリーン印刷とは</h2>
  • 皆さんが「印刷」という言葉を聞いて想像されるのは「雑誌、ポスター、パンフレット」等の「紙」を素材とした「印刷」であると思います。
    しかし、私たち旭シルク印刷が主に印刷対象としているのは、「テレビ、ビデオ、携帯電話」などに代表される「樹脂(プラスチック)、金属、ガラス、ゴム」などでできた、ごく自然に私たちが接している製品たちなのです。
    あまりにも身近な存在のため、それが印刷物であるという意識すらなかったと思いますが、今一度ご自身の身の回りを見渡して見て下さい。 皆さんの近くにも存在しているはずです。
    「水と空気以外なら何にでも印刷できる」スクリーン印刷のすばらしい世界が・・・
  •  
  • 「印刷」を大別すると「凸版印刷」「凹版印刷」「平版印刷」「オンデマンド印刷」に分類することができます。 シルクスクリーン印刷は「孔版印刷」にあたります 。
  • 凸版印刷 画線部を凸状にした版にインクをつけ、圧力をかけてインクを転写させる印刷方法。原理は版画などと同じです。
    代表的な凸版印刷として、新聞・名刺などの活字を使った「凸版印刷」があります。
    凹版印刷 画線部を凹状にした版にインクをつけ、ドクター(刃)で画線部以外の不要なインクを取り除き、凹部のインクを転写させる印刷方法。
    代表的な凹版にグラビア印刷があります。
    平版印刷 表面の平らな平版の画線部を親油性、その他の不要な部分を親水性にし、版を水で湿らせて油性インクをつけることにより水と油が反発し、親油性の画線部にのみインクが残りそれを転写する印刷方法。
    代表的な平版にオフセット印刷があり、オフセット印刷ではさらに版のインクを一端ブランケット(ゴムを巻いた胴)に転写してから紙に印刷します。
    孔版印刷 シルク(現在ではナイロン、テトロン等)の網目に、画線部だけ孔(穴)を開けた版を使用し、版の上からスキージと呼ばれるゴムで圧力をかけてこすりつけることにより、画線部の孔をインクが通って転写される印刷方法。
    家庭で使用されている「プリントごっこ」の版と原理は同じです。
    オンデマンド印刷 従来の印刷のように版を使用せず、デジタルデータを直接プリントする方法。